申請書入力支援  (→入力支援画面へ)

申請書入力支援 について

法人番号13桁、郵便番号、銀行コードを入力することで、法人名、住所、銀行名が自動で入力された申請書様式がダウンロードされます。
注:法人番号は、会社法人等番号12桁(基礎番号12桁)及びその前に付された1桁の検査用数字(チェックデジット)の数字のみで構成される13桁の番号です。
※記入に際しては、記入例、申請書入力支援画面使用の手引きをご参照ください。

記入例・画面使用の手引きダウンロード



入力支援画面の説明

1.ウェブ画面(現在の画面のことです)の最上部あるいは下方にある「入力支援画面へ」をクリック。
入力支援画面が表示されるので、以下の入力を行ってください。
(1)法人番号
交付申請書に必要な法人番号13桁を入力すると、申請書様式に登記上の住所(郵便番号、住所)、法人の名称が記入されます。
※必ず法人番号を入力してください。(個人番号と間違える方がいます)
(2)郵便番号
登記上の住所と異なる住所(例えば支店)の場合には、郵便番号を入力すると、郵便番号の住所(一部)が記入されます。
法人番号と郵便番号の両方が入力されると、住所は郵便番号によるものが優先されます。
(3)銀行コード、支店コード入力
銀行コード、支店コードを入力すると、銀行名・フリガナ、支店名・フリガナが記入されます。
2.記入されたデータが正しいか[確認]ボタンをクリックしてください。正しくない場合又は無い場合は空白で表示されます。
記入が終わったら3.へ。修正する場合は、入力ボックスへ上書きしてください。
3.[申請書ダウンロード]ボタンをクリックし、申請書(エクセルシート)をダウンロード保存してください。
PC上の表示はブラウザにより異なります。ダウンロードファイル名は申請書のファイル名と同じです。
ダウンロード先はWindowsの場合、ダウンロードフォルダーです。
申請書様式エクセルシートにその他の必要な情報を記入することで申請書が完成されます。

入力支援画面へ

注:このホームページ上で取扱うことが出来る情報は、法人番号、郵便番号、銀行コード及び夫々から検索する名称のみです。
作成した申請書及び申請書に含まれる情報は省エネ機械導入促進センターへ送信されることはありません。
法人番号は国税庁法人番号管理室が管理する情報によります。 郵便番号は日本郵便が管理する情報によります。